×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

                    「一般原理 1」へ        「一般原理 」へ        Top頁へ

 

 

 

    [感情の力学]                         

                                    

 意志は生きる意欲の能力であり、本能存在では、環界に恒常的な調和をもって

生きることを目的とする能力である。本能の摂理とは環界に於ける調和的生存を

求める能力である。本能世界での摂理の調和は、われわれがあるひとつの文化圏

での中庸を示すような位置をいうが、文化そのものがわれわれとは比べものにな

らない位に謙虚であるので、比較を絶している。              

 感情だけではなく、官能もまた 中庸的な親であり、われわれ人間がストレス

を発散するときに求める刺激的官能は思いもよらない。刺激的官能を含むわれわ

れ人間の資本主義的調和生活は、利己的な所有に関する虚偽の調和である。

 次に掲げる図は、すべての存在が持つ意志の価値判断の図であり、生きる意欲

がどのようにして生きる意欲となるのかを示す。              

 図に於ける満足とは、調和的幸福、所有の幸福のことであり、横軸の知覚の良、

 

 

⇒“治療の為の存在分析”(プリント)           

        P65

 psycho.htm (存在度−生きる意欲の判断)

 

 

             (存在度−生きる意欲(感情=意志)の判断)

                                                   
                                 自由                                    
                         │                                   
                         │                                   
           ┌────┐     │     ┌───┐                     
           │    │     │    │   │                     
           │不満足の│     │    │満足の│                     
           │  領野│     │    │ 領野│                     
           │(怒り)│   │    │   │                     
           │    │   │       └───┘               
            └────┘   │                                
                           │                                
        不良  ─────────┼─────────  良            
                        │0                     
                     │                                
           ┌───────┐        ┌────┐              
           │              │ │    │    │                
           │絶対的不満足の│ │    │不満足の│                
         │     領野│ │    │  領野│                
         │(根本情態性)│ │     │(呪い)│                
         │              │ │     │    │                
       └───────┘ │    └────┘                
                           │                                
                               不自由
         
   
    ※尺度は縦軸に身体定位判断(感情)、横軸に知覚判断を使った。                       
                                                                    
     ※身体定位判断は価値の自由度を尺度とする。                     
       知覚(ここでは感覚の意味である)判断は主体的な自由を持たない、         
    身体と環界の接面に於ける現実の良度判断である。     

    

 

不良は今現在価値判断しなければならない対象であり、その良度判断である。

縦軸の価値の自由度はその現実の良を、高く判定したり、低く判定したりする基

準の移行度である。基になる尺度はその主体の持つ価値である。       

 横軸の現実の良度は、耐え難い暑熱や不幸な出来事などの良、不良の判断であ

り、この判断は文化、風土を超えて客観性を持つ。             

 縦軸は、現在、意志がどのような調和、不調和の判断基準を持つのかを示す。

存在は生ま身であって機械ではない。その時々の体調や心理状態、またその主体

の価値度の揺れ動きによって、判定基準そのものが揺れ動いている。

 心理は体調を左右し、体調は心理に影響を及ぼす。例えば病気によって気分は

塞ぎ勝ちになり、抑うつ気分やストレスによるイライラ気分は、免疫系に影響し

細菌感染などに弱くなり、また直接に自律神経や臓器に異常を与える。こうした

心身の状態が生きる意欲に関係し、抑うつ的状態、心身の健康でない状態では、

生きる意欲は減じる。生きる意欲の後退は、調和、不調和の判断が不調和に置か

れていることを示す。

  判定基準が不調和に転じたとき、調和時には(+)であったものは幾何級数的

な(|)判断を与えられる。つまり、同一の判定対象を(+)に判定するか、

(|)に判定するかの価値基準の変動がある。文化、風土レベルでもこの価値の

変動があり、ある暑さの不良度は一定であるが、調和、不調和の判断が異なるこ

とがある。憂うつな気分に於ては、普段は調和であるものが不調和に判定される。

(+)のものを(|)に見てしまうとき、対象の価値基準は(|)に変動したの

であり、これは価値の自由度が自由から不自由に転じているからである。           

 

     注:「恋は魔術的に世界を変容する。」同じように、「失恋は破壊的に世界を変容する。」

 

 存在の価値度は精神と狂気の間の価値の階梯であり、真偽、真狂の判定を示す。

主体度はその主体の価値度に拘わりなく、その価値、即ち主体理念の達成されて

いる度合をいう。例えば悪の理念や精神の理念が達成されているときは、主体度

は幸福あるいは満足の状態にある。主体度に於ては、価値の自由度、及び現実の

良度の、自由、及び良の最大値を指向する。その両最大値が満足の領野であり、

これを主体度の(+・+)域という。これに対して、(+・+)域の対角域であ

る絶対的不満足の領野は(|・|)域であり、怒りの領野は(+・|)域、呪い

の領野は(|・+)域で示される。以下、第二部の【個別原理】で詳しく述べら

れる各存在の様態を、主体度に即して簡明に述べる。              

 

 

 

A・精神主体性 

 

⇒“治療の為の存在分析”(プリント)           

        P68

 

 
                            〈精神主体性の存在度〉 
 
 
       ┌──┐                         ┌──┐
            │怒る│                自由          │高揚│           
          └──┘                           └──┘           
            │          │┌────┐       │      
          善 │叱る        ││ │権力│善(労る)  │許す  
            │          ││ │  │       │    
          愛 │戒しめる      ││原│支配│愛(愛おしむ)│恕す  
            │           ││ │  │       │    
          感謝│諌める       ││罪│所有│感謝(恵む) │宥す  
            │          ││ │  │       │    
          美 │懲らしめる     ││ │翻弄│美(慈しむ) │赦す  
            │─────     │└────┘       ├──  
             │罪、恥に        │                          │罪、    
             │対して         │                          │恥を  
             │          │                                
      不良────────────┼───────────良  
          │          │0  │                    
        善 │不安(憂う)    │ 善 │悔やむ   │ 悔いる         
           │          │   │                  
        愛 │絶望(痛む)    │ 愛 │切ない   │ 詫びる         
          │          │   │                  
       感謝│恐怖(畏れる)   │ 感謝│惜しむ   │ 謝る         
         │          │   │                  
       美 │混沌(悲しむ)   │ 美 │寂しい   │ 懲りる         
         │───────   │   │────  │────         
         │罪、恥に      │   │他者の罪、│自己の罪、           
         │対して       │   │恥に対して│恥に対して             
    ┌──┐                 │                      
    │嘆く│                │         ┌──┐   
    └──┘                                   │呪う│   
                      不自由               └──┘   
 

 

 精神主体性は人間の理想であり、摂理に学んだ人間の完成である。しかし、精

神主体性であれば存在として完全であるというのではない。自由という原罪を負

いながらの摂理価値の行使者でしかない。その上に、彼の生きている社会形態が

彼に資本主義的生活を強制するのであれば、彼もまた資本主義的所有の悪に染ま

って生きざるを得ないという現実がある。     

            

 

    B・自由拡張症候群                       

 自由拡張症候群は、狂気、虚偽、判断停止、根本情態性遮蔽の四症候群を含む。

自由拡張症候群は自らの自由の理念に疑いを抱くことなく、自由力を温存、拡張

していこうとする悪の症候群である。資本主義的生活を為す者なら、狂気はとも

かく虚偽や判断停止の悪を持たざる者はない。悪とは驕り高ぶることであり、生

命価値を破壊しようとする力である。所有、支配、権力、翻弄の自由力が原罪と

しての悪であり、自らの本能存在に権力や支配力を振い、この所有の弁証法をも

って、更に他者や世界、そして環界全体に対して振うことが確信的悪である。

 

 

⇒“治療の為の存在分析”(プリント)           

        P69

⇒ psycho.htm 〈自由拡張症候群〉

 

 

                             〈自由拡張症候群〉
 
 
               ┌──┐        自由        ┌──┐           
              │怒る│          │       │驕る│           
              └──┘          │       └──┘           
                                │                 
        権力 罵る《ののしる》   │     権力 侮る《あなどる》   
                      │                   
        支配 謗る《そしる》    │     支配 蔑む《さげすむ》   
                     │                   
         所有 貶す《けなす》    │     所有 賎しめる《いやしめる》
                       │                   
         翻弄 嘲る《あざける》   │     翻弄 弄ぶ《もてあそぶ》  
                                   │                 
      不良─────────────┼─────────────  
                     │0               
          権力 怯える《おびえる》 │   権力 恨む《うらむ》     
                       │                  
          支配 慄く《おののく》  │   支配 憎む《にくむ》     
                     │                  
        所有 恐れる《おそれる》 │   所有 妬む《ねたむ》     
                     │                  
        翻弄 竦む《すくむ》   │   翻弄 嫌う《きらう》     
                     │                            
           ┌───┐       │        ┌──┐            
           │惧れる│       │        │呪う│            
           └───┘     不自由       └──┘           

 

 

    B―a・虚偽症候群

 自由の内省に於て、根本情態性におそれ、おののいて、根本情態性の真の意義

を了解することなく、資本主義的所有の世界に退避する。自己の自由力の減弱、

そしてその先にある自由の無を臨み見て、既に世界体制である所有の弁証法世界、

そしてその繁栄である資本主義の所有競争世界にあって敗者であることを惧れる。

自由の無の背後にある本能の摂理価値が、彼に根本情態性の不安、絶望、混沌、

恐怖の呼び声で呼び掛けているにも拘わらず、所有、支配、権力、翻弄の諸力が

喪われゆくことだけが気懸かりなのである。              

 五十歳頃から罹患する脳萎縮性の「パーキンソン病」及び「進行性核上性麻痺」

は、虚偽症候群の末路である。根本情態性から逃げ続け、その退避先で本能意志

を強引に廃棄して、自らの自己主体性価値を立てるという生命的虚偽の生活のツ

ケが、いまこゝに巡って来たのである。意志を否定され続けてきた本能は自らを

破壊していかざるを得ない。本能は(+・+)域から沈み込んでいき、最後の 

(|・|)域の根本情態域が永遠の沈黙へとわれとわが身を沈み込ませていく頃

に、本能身体の統制系の破壊というこのことによって、存在は壊滅する。この壊

滅の機序により、根本情態性の不安、絶望、混沌、恐怖の叫喚が鳴り響き、抑う

つや罪業妄想が出現する。

 

 

⇒“治療の為の存在分析”(プリント)           

        P71

⇒ psycho.htm 〈虚偽症候群〉

 

 

                               〈虚偽症候群〉
                                                                              
            ┌────────┐                   ┌─────┐             
            │小悪の怒りの解消│                   │小悪の驕り│             
            └────────┘                   └─────┘             
 
                                 自由   権力  政財界・企業・その他       
                                         種々の組織・結社に於       
        権力  格闘技、写真、楽器  │        ける地位、学歴、色香       
                       │                         
        支配  水泳、陸上スポーツ、 │    支配  使用人支配、学界支配、      
            絵画、手芸、お茶   │        カルテル、金融支配、       
                       │       マスコミ支配               
        所有  ボディービル、体操、 │                        
            登山、踊り、唄、料理 │   所有  資本、土地、モノ、知       
                       │       識、技術、情報、服飾       
        翻弄  球技、生花、工作、盆 │                        
            栽          │   翻弄  知的遊戯、気紛れ工作       
                                     │       気紛れ芸術、気紛れ評       
                                     │       論、気紛れ政策、投機       
             現実の不良              │                             
     不良─────────────┼─────────────    
                     │0                            
          権力  役職を追われた不安  │  権力  買春、キャバレー、  
                         │      遊興、囲碁、将棋   
         支配  配属替え、任地替え  │                 
             の絶望        │  支配  旅行、ドライブ、麻  
                        │      雀、パチンコ、カード 
         所有  失業、倒産、破産、  │                
             負債の恐怖      │  所有  ショッピング、グル  
                        │      メ、宝籖、クイズ   
         翻弄  買値で叩かれる、天  │                
             災で財産を失う       翻弄  酒、映画、骰子、ス  
                             不自由      ロットマシーン、ル  
                                      ーレット、テレビ   
 
                ┌─────┐                ┌────────┐
                │小悪の惧れ│                │小悪の呪いの解消│
                └─────┘                └────────┘

 

 

 

    B―b・狂気症候群      

 

⇒“治療の為の存在分析”(プリント)           

        P73

⇒ psycho.htm 〈狂気症候群〉

 

                〈狂気症候群〉 
  ┌─────┐    
          ┌─────┐                │大悪の驕り│    
          │怒りの解消│        自由      └─────┘    
          └─────┘              権力│跡目争い、勢力争い、 
                                        │上納金、用心棒代、殺 
       │       │   │       │人請負い       
     権力│威す(おどす)│   │     支配│縄張り、手配師、会社 
       │       │金品 │       │乗っ取り、地上げ、身 
     支配│脅す(おどす)│を掠 │       │代金誘拐、みかじめ料 
       │       │め取 │     所有│所場代、寺銭、賭博、 
     所有│嚇す(おどす)│る  │       │借金取り立て、密輸  
       │       │   │   翻弄│総会屋、高利貸し、ボ 
       翻弄│喝す(おどす)│   │     │ッタクリバー、当り屋、
         │       │   │     │産業廃棄物不法投棄   
                                   │                            
      不良─────────────┼─────────────    
           大悪の刹那的不良        │0                           
          │            │  権力│強姦         
        権力│怯える(おびえる)   │    │           
        │            │  支配│輪姦         
      支配│慄く(おののく)    │悪   │指を落とす      
        │            │の   │           
      所有│恐れる(おそれる)   │行 所有│所有姦        
        │            │使   │刺青を入れさせる   
      翻弄│竦む(すくむ)     │阻   │           
        │          │害 翻弄│売春をさせる     
         ┌───┐     │    │シャブ漬けにする   
         │惧れる│     │     ┌─────┐         
         └───┘    不自由    │呪いの解消│         
                            └─────┘    

 

 狂気は自由の内省に於て、根本情態性をその自由力で破壊突破する。彼はそれ

によって本能世界の狂暴な破壊者となる。他者、他生物、生存環境を暴力的に破

壊する狂信者となる。この破壊はモノ、つまり資本主義的金品財物の世界でも当

然発揮される。対象を意のまゝにしなければならない。眼の前に立ち塞がるもの

は、如何なる制度であれ、法であれ、摂理価値であれ、これを破壊していくこと

が狂気のアイデンティティである。                    

 組織暴力は、狂気がもっとも効率よくその大悪を実行できる方法である。組織

は個人の力を数倍する力を持ちうるからである。同じような方法を資本主義を遂

行する虚偽が取っている。これらの利益共同体が巨大になると、その後目立さと

自己の利益を奪われるおそれから、イデオロギーや宗教や民族や国家という理由

付けを旗印とするようになる。人類の歴史は、このような集団の力を恃んだ犯罪

によって成り立っている。                        

 虚偽と狂気は複合しえる。小悪と大悪の間には無限の階梯がある。政財界の地

位を得る者がその裏で暴力の糸を引いていることがある。         

 大悪は、己の力を上回る悪の抑圧、社会的処罰、精神の力の三力を惧れる。前

二者は根本情態性にまで追い落とすが、自由の内省だけに留まって、そこから自

由力の盛り返し、即ち、報復を、度々呼び起こす。しかし後者の精神の力は大悪

をその内部から破砕し、溶かし、本能の摂理価値に向き合わすことができる。 

  狂気症候群に用意されている末路は、アルツハイマー症よりも早く、成年期か

ら壮年期に掛けて始まる。狂気は根本情態性を粉砕し、返す刀で摂理の息の根を

も止め、精神に対する暴力三昧に明け暮らしてきたそのツケを、ピック病、乃至

はハンチントン舞踏病という脳萎縮性痴呆で支払わねばならない。狂気のこの痴

呆では、虚偽症性痴呆が本能が壊滅した後の、主体意志+主観の体制に於て、な

おも虚偽的自己主体価値を行使し続けるように、狂気的自己主体価値を亡者の如

く演じ続ける。

 

 

    B―c・判断停止症候群

 自由の内省に於て、根本情態性のおそれとおのゝきを拒否する。それは安全地

帯に退避するのではなく、また打ち破って突破するのでもない。彼は目を瞑って

根本情態性を見ないようにするのである。

 虚無主義、懐疑主義といわれているものがこの症候群である。虚無主義は価値

判断そのものをゼロにする。懐疑主義はこのゼロ尺度をもって、現実の良、不良

度をゼロと判断する。前者は内部を虚無にし、後者は外部を懐疑するが、同じも

 

 

⇒“治療の為の存在分析”(プリント)           

        P75

⇒ psycho.htm 〈判断停止症候群〉

 

 

                             〈判断停止症候群〉
 
          ┌────┐         自由    ┌──┐       
          │煩わしい│          │    │大儀│        
          └────┘          │    └──┘        
       │         │ │                 
     権力│歴史もの、戦争もの│ハ│   │         │   
       │西部劇、時代劇、 │l│ 権力│英雄物語     │ロ  
       │         │ド│   │         │マ  
     支配│探偵もの、刑事もの│ボ│ 支配│恋愛物語     │ン  
       │スパイもの、   │イ│   │         │チ  
       │         │ル│ 所有│成功物語     │シ  
       所有│探検もの、    │ド│   │         │ズ
         │         │ │ 翻弄│幸運物語     │ム    
       翻弄│冒険もの、推理もの│ │   │         │   
                      │                  
   不良   ─────────────┼─────────────    
                                   │0          
      権力│運勢占い│創造物語│ス │  権力│ヌード写真、性もの│  
        │    │    │リ │    │ゲームもの    │  
      支配│相性占い│終末物語│ラ │    │         │ 
      │    │    │l │  支配│旅行・ドライブ案内│刹 
    所有│家運占い│死後物語│・ │    │旅行記、歓街案内 │那 
      │    │未来もの│神 │              │主 
      │    │    │秘 │  所有│商品案内、宝探し・│義  
    翻弄│運命占い│系譜もの│主 │    │グルメもの    │  
      │    │前世もの│義 │    │         │  
       ┌──┐          │  翻弄│酒・煙草案内、  │  
       │億劫│        │    │ギャンブルもの      
       └──┘       不自由                                
                               ┌──┐       
                                                │懶い│
                        └──┘    

          

 

のゝ表裏を言及しているだけである。                   

 根本情態性は自由の力の減少のたびに、また現実の不良に襲われるたびに押し

寄せてくる。この根本情態性の現象を隠蔽するのではなく、彼自身の目を背ける

ことが、現実に対する価値判断を停止するということである。        

 判断停止症候群はゼロ地点を求める。現実の良、不良の彼方に居ることを望む。

交点ゼロの理想は、現実の良、不良の感受性を放棄して、退屈の内に生きること

である。そしてこの退屈を如何にして凌ぐかを求めることである。右の図式の数

々を、読物、映像、写真、漫画、演劇、舞踏、詩歌、音楽、絵画などで満足させ

る。鑑賞するだけでなく、空想され、自ら創作するに至ることもある。こうして

創作されたものは、字義通りの退屈凌ぎの娯楽芸術であり、摂理価値への信仰、

精神価値に於ける信念のない者に真の芸術は創り出せない。        

  判断停止症候群の終章に書き込まれるものも、やはり本能を破壊してきたツケ

としての、脳萎縮性痴呆による痴呆症状である。アルツハイマー型老年痴呆症、

及びその亜型であるプレスビオフレニーと名付けられている老年痴呆がそれであ

る。コルサコフ症候群といわれる作話や、作活動(見せかけの動作)、また言語

障害、記憶障害、動作障害、意志障害など他の痴呆症と共通の種々の痴呆症状が、

本能統制系を喪ったのちの残骸となった主体存在によって演じられる。次に述べ

るアルツハイマー症のように、前の二つの痴呆とともに、主体性崩壊の現象もあ

る。

 

 

    B―d・根本情態性遮蔽症候群

 判断停止症候群が自らの目を覆うのに対して、自らの目を見開いたまゝ根本情

態性の方に覆いを掛けてしまう。その上で根本情態性に近付かなくともよいよう

に、その生活領域である(+・+)域に小さく閉じ篭る。資本主義的小市民生活

が彼の理想である。可もなく不可もなく、その自由を(|・|)域に決して陥る

ことのないようにコントロールされる。生物の自然である主体度、あるいは個体

度の全域性を否定した部分的生存は、その終極にアルツハイマー症を発症させる。

根本情態性遮蔽症候群に罹患する時期が早ければ、三、四十歳で始まる。   

 微温湯にどっぷり漬った身にとって、耐え難い怖ろしさなので根本情態性を遮

蔽してしまう。根本情態性は本能の声であり、摂理価値からの呼び声である。こ

の呼び声を遮蔽してしまうことは、主体存在が所有の弁証法の自体としている本

能存在を否定することである。主観は本能意志を廃棄する。主観から廃棄を命じ

られた本能は、自らの手で自らの身体を破壊し始める。アルツハイマー症の主症

状である脳細胞の萎縮が始まる。      

 

 

⇒“治療の為の存在分析”(プリント)           

        P77

⇒ psycho.htm 〈根本情態性遮蔽症候群〉

 

               

                     〈根本情態性遮蔽症候群〉
 
                   自由               
                                                                 
          ┌─────┐        │   ┌─────┐       
          │小さな怒り│        │   │小さな驕り│       
          └─────┘        │   └─────┘       
                                 │                 
      機械的自由の生活パターン │  未来に亙って物的生活に不   
     から外れることのないように、│) 安がなく、社会問題、世界情   
     怒りの情態を生み出すような │  勢に無関心であり、趣味もな   
       事象にそもそも足を踏み入れ │  く、遊びも知らず、現在の社   
       ることのないように、自由を │  会制度、習慣に埋没して、機   
       小さく纏める。              │  械的な生活の自由に驕る。    
                     │                               
      不良 ────────────│────────────   
                     │0   小さな現実良            
                     │                
        不安、絶望、混沌、恐怖   │   刺激的良を避けるとと   
                      │   もに、心身の調子に気を   
       を関知しない。        │   配り、社会や人を呪うよ   
                      │   うな事象に立ち至らない   
                    │   ようにする。        
                    │                             
     ┌───────┐      │        ┌─────┐      
     │根本情態性遮蔽│     │        │小さな呪い│      
     └───────┘     │        └─────┘      
                           │                             
                          不自由   

            

 

 自由拡張症候群の痴呆症一般は、破壊の意図による身体の死滅現象である脳細

胞の萎縮と平行して、身体廃棄の意図による主観からの身体遊離現象が生じ、主

体性崩壊が起こって、妄想、幻覚を現象させる。

 

 

    B―e・自由拡張症候群の痴呆症状  

 

⇒参照無し。

 

 

  ┌──────────┬──────────┬───────────┐

  │          │          │主体判断強化     │

  │          │根本情態性廃棄   │本能判断捨離     │

  │虚偽症候群     ├──────────┼───────────┤

  │          │進行性核上性麻痺  │パーキンソン病    │

  ├──────────┼──────────┼───────────┤

  │          │          │主体判断強化     │

  │          │根本情態性破砕   │本能判断抑止     │

  │狂気症候群     ├──────────┼───────────┤

  │          │ハンチントン舞踏病 │ピック病       │

  ├──────────┼──────────┼───────────┤

  │          │          │主体判断他律     │

  │          │根本情態性隔離   │主観理念停止     │

  │判断停止症候群   ├──────────┼───────────┤

  │          │老年痴呆症通常型  │老年痴呆症左半球障害型│

  │          │          │(プレスビオフレニー)│

  ├──────────┼──────────┼───────────┤

  │          │          │主体判断他律     │

  │          │根本情態性遮蔽   │主観理念壊滅     │

  │根本情態性遮蔽症候群├──────────┼───────────┤

  │          │アルツハイマー症  │アルツハイマー症   │

  │          │   通常型    │ 左半球障害型    │

  └──────────┴──────────┴───────────┘

 

 

 自由拡張症候群の痴呆症の一欄を示す。上欄は、自由の内省時に為される、主

観の摂理への態度による痴呆症である。この主観の態度がそのまゝ主体意志に表

現される。それが下欄の痴呆症に反映される。価値判断の座は大脳の前頭葉にあ

り、前頭葉前額部左右に主体の判断の座がある。主体は自らの価値観によって判

断するが、この価値観から価値概念を取り出し、これを我観の理性に与えたもの

が理性概念である。我観は頭頂葉から側頭葉にその座を持ち、その一部を主観に

座を明け渡している。

 

 上の表を下のカテゴリーに編集し直す。

 

             〈自由拡張症候群の脳萎縮性痴呆症(認知症)〉

 

  

自由拡張症候群

主体統覚型

主観型

本能統覚型  

理性型 

虚偽症候群

進行性核上性麻痺

パーキンソン病

 

 

狂気症候群

ハンチントン舞踏病

ピック病

 

 

根本情態性遮蔽症候群

アルツハイマー症通常型

アルツハイマー症左半球障害型

 

 

判断停止症候群

老年痴呆症通常型

老年痴呆症左半球障害型(プレスビオフレニー)

 

 

 ※「主体統覚型」「主観型」の分類は暫定です。   

※ 脊髄小脳変性症(シャイ・ドレーガー症候群、オリーブ橋小脳萎縮症、黒質線条体変性症)、
    皮質基底核変性症、大脳基底核石灰化症、
    パーキンソニズム痴呆症候群、びまん性レヴィ小体病

   これらの症候群、及びその他の痴呆性症候群のカテゴライズは今後の作業として残される。

 

 

 

 

    C・価値不全症候群

 この症候群に含まれるのは、精神病、心身症、行動精神病の三症候群である。

価値不全症候群は、無意識的に内観している本能価値を正しく持っている。意識

的内観は感謝、愛、善、美の精神価値に昇華された摂理内観であるが、無意識的

内観はその本能価値のまゝ、言語理念化されずに、その本能の情態の図式概念と

して了解される。

 彼らは、表向きを自由拡張症候群、あるいは自由損傷症候群として、言語理念

化された前意識的、あるいは意識的主体性としながら、その隠された本質を本能

価値に置いている。この隠された主体性を以て無意識的主体性、あるいは、仮想

 

 

⇒“治療の為の存在分析”(プリント)           

        P79

⇒ tenp-6.htm 〈価値不全症候群の各存在度〉
 
 
 
                      〈価値不全症候群の各存在度〉
 
 
                              (本能的価値の自由)
              ┌──────┐
            │心身症=怒り│           ┌─────────┐  
         └──────┘     │    │本能価値による理想│  
                              │    └─────────┘  
      少なくとも現時点までは、 │                               
     本能的価値を押し潰されるこ      価値不全症候群では、自然 
     ともなく、生育的にはまず順     生物としての真の意味での理 
     調であったが、現在に於て家     想状態を描くことができる。 
     庭的に、あるいは社会的に本     但し、それは情態的にであり 
     能的諸価値の不遇、不満、不     言語的に表現できない。無意 
      良がある。“愛せない”とい  │  識的主体性であるからである。
      う怒りを本能自身が受けて身 │                              
      体に様々な病変を起こす。  │                              
                    │                              
         ─────────────┼─────────────
     (本能的不良)        │0       (本能的現実の良) 
                        │                
       “愛されない”という本能 │   “愛がない”という積年の 
      的情態が過去から現在に亙っ │  思いがある。その無意識的な 
      て積重しており、その無意識 │  価値尺度は鬱屈しているが、 
     的価値が不安、絶望、混沌、 │  本能的な刹那的良、あるいは 
     恐怖の中で瓦解していく。こ │  刹那的快を求めて行動するこ 
     の無意識的な主体理念が喪わ │  とで、愛がない代償とする。 
     れゆくとともに、主体性が崩 │   集団│放浪│徘徊      
     壊する。          │   家族│情愛│性愛      
                   │   食 │浪費│過食      
     ┌───────────┐ │   休息│嗜癖│指しゃぶり、煙草
     │精神病=根本情態性捕縛│ │     ┌────────┐  
     └───────────┘        │行動精神病=呪い│  
                                  └────────┘ 
                          (本能的価値の不自由)
                      

 

 

主体性といゝ、その主体の理念状態を無意識的理念、あるいは仮想理念という。

無意識的理念は、「何かあるもの」というような仮想言語状態であり、表向きの

自己主体性理念の周りを取り囲んでいる。

 

 

    C―a・精神病 

 無意識のまゝ摂理価値を主体的仮想理念に据えるという無意識的主体性は、そ

の理念を言語にして表現することができない。それ故に“愛されない”というこ

の切実な思いを表現することのできないまゝ、根本情態性の(|・|)域で苦衷

する。

 小児に於ては前意識的理念に於て、成人に於ては意識的理念に於て、それぞれ

無意識的摂理価値を仮想理念としている。この理念の下に、“愛されない”とい

うことに於て、つまりこの理念が社会的、家族的に認知されないということに於

て、彼らは絶望する。これが根本情態性に捕縛されるということである。と同時

に、理念そのものが終え去る。理念が自由の軛であって、理念の軛を外された自

由は、自分が何者であり、何を為す為に存在するのかを知らない。主体性が崩壊

するのである。

 主体性崩壊は神経症にもみられるが、精神病のそれは理念がそれ自体本能であ

ることによって、自由、即ち主観と身体が遊離する主体性崩壊の程度がより深い

ものとなる。                              

 小児精神病は小児自閉症といわれる。                  

 成人精神病は存在の時空の四つの領野に症型が分類される。根本情態性の空間

の始まりである不安の情態に捕縛されると、その自由の無による主体性崩壊は不

安病と呼ばれる特有の病態を示す。同じく空間の終わりでは絶望病となり、これ

は躁欝病と呼ばれている。時間の始まりの混沌では混沌病が、時間の終わりの恐

怖では恐怖病となり、これは分裂病と呼ばれている。

           

 

    C―b・心身症

 無意識的な摂理価値の仮想理念は、実質的に言語概念ではなく図的概念である。

それは例えば、◎のような概念として理解されている。しかしこの図的概念を言

語的にコミュニケイションすることは不能である。             

 心身症はその価値判断尺度を、行動精神病や精神病のように不自由に低落させ

てはいない。生育史的に自由度は育成されていたと理解される。まずまずの心の

暖かい交流が少なくともあったと理解される。  

 しかし、現在はといえば、その家庭、あるいは新しく独立して築いた家庭、あ

るいは接触関係している社会生活に“愛せない”状況がある。その現実的不良の

内屈が心身症状となる。もし“愛せない”怒りを主観的にせよ、本能的にせよ、

表現できたなら、その怒りは内屈せず身体症状を生ずることもない。主観的とい

うのは言語的であり、本能的といわれるのは叫びや身体言語的なものである。 

 胃潰瘍、腸炎、鼻炎、気管支喘息、高血圧、低血圧、不妊などの身体症状が、

それぞれの存在の時空に対応した器官、機能に出現する。 

    

 

    C―c・行動精神病

 心身症に対して行動精神病は、より家族起源である。小児では本能愛、つまり

スキンシップ的愛が欠乏している。その症状は、成人のそれを含めて純粋に本能

価値の欲求不満の表出である。    

 集団本能の放浪、徘徊は、善の情態を求めて人中を彷徨う。食の本能の過食は

感謝の情態を代償している。図式の上欄は感情型、下欄は官能型である。感情型

は意志自体をそのまゝ表出し、官能型は意志価値を運動統覚によって表現する。

感情は存在の意義であり、官能は意義の現実的運動である。         

 嗜癖は、酒、薬物などの嗜好であり、大なり小なりの中毒症状を持つ。酒、覚

醒剤、有機溶剤などでの、トリップの良を所有する為に用いるのは虚偽症候群で

あり、この刹那的良を更に強力に所有して自らの呪いの解消を図るのが、狂気症

候群である。これに対して行動精神病では、これらをもっぱら、生を刺激して、

生の情態、即ち本能の意志を高揚する為に用いる。いずれにしても虚偽、狂気、

行動精神病のそれぞれ小悪、大悪、本能価値の呪いを解消する刹那的良を目指し

ている。                  

              

 

    C―d・摂理主体の判断力の主体度                

 こゝで一項を設けて摂理主体性がその意識と無意識に於て、それぞれ精神価値

判断力と本能価値判断力が、どの程度健在であるか、また(―)判断を示してい

るのかを明きらかにする。仮想主体性は「何かあるもの」という仮想精神価値に

よる判断力を持つ。仮想主体性は自律して精神主体性になろうとするとき、その

「何かあるもの」という仮想理念を喪う。仮設主体性については、仮設自由損傷

症候群の項で、その存在構造が論じられる。 

 

 

⇒参照無し

 ※原文は図表を含めて縦書きで構成された。

従って、下の図表は反時計回りに45度回転して表示されている。

    時計回りに45度回転してご覧下さい。   

 

 

                由                   

     ┌─────┐    自 ┌──────┐                 

     │精神主体性│   │の │仮想主体性の│          

 〈   └─────┘   │断 │自由損傷  │          

 度             │判 └──────┘          

 体   意識的にも無意識的 │能                   

 主   にも、(−)判断が │本 摂理内観は可能であるが       

 の   あれば、表出できる。│  自律理念を持てない。        

 力             │                    

 断 主体判断の自由     │       不自由          

 判  ───────────┼───────────         

 の             │0                   

 体   本能の無意識的な  │  本能に即自した本能存在       

 主   判断は(−)域に  │  と、この上に仮設された       

 理   あって膠着している。│  自己主体性が分立して、       

 摂             │  主体は摂理判断に関与しない。    

 〉    ┌──────┐  │                    

      │仮想主体性の│  │由 ┌─────┐           

     │価値不全  │  │自 │仮設主体性│           

     └──────┘   不 └─────┘           

 

 

 

 

 

 

 

「一般原理 1」へ        「一般原理 」へ        Top頁へ