×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

中村の芸術論       Artology(English)  

 

芸術学M.Nakamura タイランドで作った木彫

 

 

dsc08348-s33.jpg

 

"Gives a wind" center sculpture's   (彫刻群の中央に”風を恵む”)

 

 

 上はタイで制作した彫刻の一部です。ほとんどの作品は哲学的なコンセプトを造形化したもので、観者はそこに込められた意味を探り出す努力が必要です。

 

平面、立体を問わず、造形するという行為は二つの由来が結果したもので、一つはこうしたコンセプトやあるいは記録や祈念を造形化するもの、もう一つは純粋芸術です。よく分かる例は、オランダのフランス・ハルスでしょう。彼は肖像画を沢山描いていますが、一方では印象派の端りと言ってよい世俗的な巷の人物の胸像スケッチ(油彩)をものしています。彼の肖像画は記録を、スケッチは芸術的感興をそれぞれ前面に押し出しています。しかし、彼は楽天的な現実主義者であるので、どちらの場合にも至るべき理念に少し足りず、観る者にカタルシスを与えることはできません。

 

もっとよく分かる例は点描派のスーラです。スーラの場合は平面芸術の科学的方法を追求したものと、ハルスと同じ芸術的感興を素早いスケッチにしたものとに二分されます。もちろんハルスでもスーラでも二つの傾向が明確に二分されるものではなく、両方の要素がある中で一方の傾向が優勢であるということです。芸術的感興は“感謝・愛・善・美“の意志によって造形力が発動されたものです。スーラの油彩スケッチは筆触といい、色彩といい、この生物的意志の素晴らしい輝きに満ちています。

 

古くはマヤ文明やエジプト文明やシュメール文明、あるいは未開時代のアフリカなどで造形されているものは、哲学的コンセプトや記録や祈念を造形化しています。これらの造形に芸術の純粋な面がプラスされれば、われわれは鑑賞に耐えるものとして芸術の歴史に残して行くことになります。

 

 

下は“Noisy activity of creatures”シリーズの第二作目ですが、この作品は、ちょうど哲学的コンセプトと純粋芸術との両方を均等に含んでいます。

 

 

 

タイランドで描いた彫刻デッサン Drawing    

●上の「Drawing」をクリックしてください。

将来、制作する予定の作品一覧頁に入ります。ここにあるほとんどの作品は直感的、直情的に感得できる純粋な造形です。こうした作品なら個人が家庭の中に置きたいと思うでしょう。

・“Drawing“の作品は発注があれば、直ぐにタイで木彫制作に掛かれます。

 

 

タイランドで制作した彫刻 Nakamura’s Sculptures

●上をクリックすれば作品が表示されます。

・既に制作を終えた木彫作品は約50点(チェアー&スタンドを含む)で、

タイで展示しています。

 

 

●下をクリックすれば主要作品の価格・データ・コンセプを見ることができます。

 

中村彫刻作品の販売   主要作品の価格・データ・コンセプ

 

 

  更に下をクリックすれば、哲学的コンセプトの最高の到達点を観ることができるでしょう。

 

 “一は二にして三である“―この老子の宇宙三位一体の観想は遥か古代から受け継いだ叡智です。ユダヤの古代哲学―カバラでも、中央に均衡、左に峻厳、右に慈悲の柱で構成された”生命の木“が、三位一体を顕します。

奈良の飛鳥にある大和三山も三位一体です。

大和三山の中央には畝傍山(うねび山)があり、名は“宇宙的成熟”を意味します。左には香久山(香具山)があり、“神降る山”を意味し、右の耳成山(耳無山)は“神々に成る山”を意味します。

畝傍山は“宇宙”であり、“万物の精霊”であり、香久山は“先人”であり、耳成山は“後人”です。宇宙から流出した万物は先達に倣いて生命を全うすることを言っています。

カバラの”生命の木“は天から生える木をモチーフにしており、文字通り天に根を生やし、幹が地に向かって伸び、枝葉が地に達しています。

 

ご紹介する私の作品も、中央に“天を支える根”があり、左にある“風を恵む”から先人の教えを頂いて、右の“天上の音楽を聴くならば”が後人の義務を果たしている情景を表現しています。 (キリスト教の三位一体は変則的であるので、ここでは省きます)

 

 

中村彫刻作品の販売   古代の響き(三位一体

 

 

  また下をクリックすれば、門や玄関などの入り口の左右に置いて素晴らしい力を漲らせる一対の彫刻を、三対観ることができるでしょう。

 

これら一対の彫刻を“阿吽の呼吸”と題したが、“阿吽”は日本語の「あ」「ん」に相当し、51音の始めと終わりで“全体”を表し、「阿」が呼気を、「吽」が吸気を表わして呼吸が合う(調和する)ことを表わしている。

 

 

中村彫刻作品の販売   阿吽の呼吸(一対

 

 

 

 

芸術学メールマガジン

 

(続く)

 

 

中村幹夫

893-1402 鹿児島県肝属郡肝付町南方1589-2

TEL:0994−67−3635

:E-Mail: mi-nakamura@beige.plala.or.jp

E-Mail: great_nature@hotmail.co.jp